噛み合わせ

噛み合わせ治療について

噛み合わせ治療

当院の噛み合わせ治療の特徴

ボロボロで咬むところがなくても治療を行います。

悪い噛み合わせがおよぼす悪影響

噛み合わせによる身体の関係は深く、噛み合わせの状態によって以下のような様々な症状を引き起こす場合があります。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 咬合性外傷
    (歯が負担オーバーで揺れだします)
  • 顎関節症

噛み合わせ治療が必要な方

  • 顎が痛い
  • 口が開けづらい
  • 顎がカクカク音がして痛い

噛み合わせの調整方法

補綴治療とは

元の歯の形態や機能を回復させ、簡単にいえば顎関節や筋肉と調和させて咬めるようにすることです。

歯を抜いたままで放置すると
よくないの?

歯を抜いたままで放置するとよくないの?

抜いた場所によります。
親知らずのようにかみ合う歯もなく、加えて一番最後方にあるのであれば、抜いたままでも隣の歯が抜いたところに移動してくるわけでもないので、悪影響がありません。したがって、親知らずは抜いたままの場合が多いです。しかし、奥から2番目などの歯は、かみ合う歯もあれば両隣に歯があり抜いたまま放置すると下記のような悪影響があります。

  • 両隣の歯が抜いて歯がなくなったところに
    倒れこんでくる
  • かみ合う歯がなくなったので、
    かみ合う歯は伸びてくる

そして歯が移動・倒れこんでくることによってかみ合わせが悪くなり、歯周病が進行しているわけではないのに、歯が揺れてきたり顎関節症を発症したりします。
特殊なケース以外は歯を抜いた後は入れ歯、ブリッジ、インプラントなどで歯を入れるようにしましょう。