mv

小児歯科

当院の小児歯科の特徴

小児歯科

小児歯科の治療方針

当院はしっかりとトレーニングをしっかりおこなって治療ができるようになってから治療にうつります。

子供を治療する際に気をつけていること

痛みを与えない 痛みを与えてしまうと歯科が嫌いになってしまい、この小児期の体験は大人になってからも影響を与え続けます。

絶対に怒らない 抑圧的な態度を取ればとるほど協力してくれなくなり負のスパイラルに入ってしまいます。

子供の虫歯

小児歯科

主な原因は?

何をどう食べるか?に尽きます

基本的に虫歯は細菌によって少し穴があいたとしても、時間が経てばゆっくりと唾液の力でもとに戻ります。日々お口の中で歯は破壊と再生を繰り返しています。

しかしお口の中に食べ物が入る間隔が短くなると破壊と再生のバランスは崩れ、ずっと破壊されっぱなしで元にはもどらずどんどん穴が空いていき虫歯がすすんでいきます。

特に気をつける3つのポイント

  1. 食事を頻回に取らない 具体的に言えば1日5回までの食事に抑えることは重要です。
  2. 夜ごはん以降物を食べない もしどうしてもスイーツ、果物を夜に食べたい場合は食事のデザートとして夜ご飯と一緒のタイミングで食べるといいでしょう。
  3. 夜の歯磨きをする 上記にもあった唾液が細菌によって空いた穴をもとに戻してくれるということがあったと思いますが就寝時は唾液が激減してしまいますので夜の歯磨きをしないまま寝てしまうと虫歯のリスクはかなり高くなってしまいます。

虫歯はうつる?

結論を言えばうつるのですが極論を言えば赤ちゃんが生まれてくるタイミングでは無菌なのですがいずれか、どこかの成長過程で虫歯菌に感染します。 具体的なタイミングは1歳半から2歳半のあいだが一番赤ちゃんに虫歯菌やお口の細菌が定着しやすいです。 誰から移るかというとほぼほぼ主な保育者から菌が移ります。

なので返答としてはうつるがあまり気にしなくてよいということです。 赤ちゃんのためにできることは保護者の方のお口の中を清潔に保っておくことです。

虫歯になりやすい人ってどんな人?

歯ブラシがあまりできていない人よりかは食生活が乱れている人がなりやすいです。 特に常に何かを食べている、飲んでいる人はかなり危険です。

子供はいつから歯医者さんに
連れて行く?

乳歯がはえたら受診してください。早いうちから歯の状態やケアの方法を知ること、早い段階からフッ素を応用することによる虫歯予防などメリットは多数あります。
また幼いうちから歯医者さんに慣れてもらうというのも一つのメリットです。

子供の虫歯予防

小児歯科

自宅で行うケア

なるべく夜はしっかり磨くことと8,9歳ぐらいまでは仕上げ磨きをしてあげてもよいと思います。

歯医者で行うケア

全体的なクリーニング(歯石はあまりたまってないのでプラーク除去)、歯磨き指導フッ素塗布、必要なお子様にはシーラント処置(シーラント処置とは奥歯の歯の溝が深く虫歯になりやすそうな部位にあらかじめお薬でうめてしまう処置)あと普段の生活の問診、患者様の普段の生活の中に高い虫歯リスクが潜んでいるかもしれないのでお話を聞くことも大事です。

乳歯が虫歯になったら?
また、何歳から虫歯になりますか?

基本的には虫歯は2歳くらいから早い子はなってしまいます。ただ年齢とわず虫歯かなと思ったならば一度歯医者さんにいくことをおすすめします。

子供の虫歯予防のメリット

  • お子様が抱えるリスク(将来的に虫歯になりやすいなど)がわかることもあります。
  • 小さいうちから連れていくと歯医者さんに慣れてくれるのでいざ治療が必要な時は比較的スムーズです。
    (いきなり治療できるお子様はほとんどいらっしゃらないので歯医者さんに慣れる行程は高い確率で必要です。)

乳歯の虫歯治療方法

まずはすべてのお子様に対してトレーニングをおこないます。 トレーニングによってお子様がどこまでできるかがわかりますのでその結果に準じて治療をすすめていきます。

削って詰める処置は椅子の上でじっとできる、レントゲン写真を撮影できる、つばをバキュームで吸えるなどすべてのトレーニングができてから行います。
途中で無理に治療を進めようとすると信頼関係を失ってしまいます。

乳歯を抜歯したりする場合

基本的には乳歯はそのままでも抜けるのでそのままでも大丈夫ですが、下記に該当する際は抜歯をする場合があります。

  • 乳歯がグラグラし、痛くて食事ができない場合
  • 下から永久歯が生えて見えている状態
  • お子様が抜歯を希望する場合(永久歯の生え具合による)

赤ちゃんの歯並びについて

赤ちゃんの歯が生える時期は?

およそ2歳半ごろにすべて生えてきますが個人差があります。

いつまでに生えそろうのが一般的ですか?
また、生えてこないケースはありますか?

すごい稀な場合に乳歯がもとから無いという場合があります。レントゲン写真で確認する必要があります。

前歯がすきっ歯でも平気ですか?
歯並びが悪かったらまずいですか?

下は歯並びが悪い場合がありますが上の前歯はほとんどの場合で隙間があいて生えてきます(永久歯の場合)。 そこから横の永久歯が生え変わる際に押されて綺麗に隙間が埋まる場合があります。

※すべてのケースで元に戻るわけではないので一度歯医者さんにみてもらったほうが無難でしょう。

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?
また予防策はありますか?

赤ちゃんの歯ぎしりは大人のように病気やストレスが原因ではなく成長の過程で起きる現象です。
上下の歯が生える生後8か月ごろから歯ぎしりが発生するといわれていますが、成長に伴うかみ合わせのずれを脳が修正しようとして起こる生理的なものであるためあわてて受診する必要はありません。

赤ちゃんの歯磨きについて

小児歯科

いつから始めるのがベスト?

早いころで1歳のときから歯ブラシの練習をしてもよいとおもいます。

どんな歯ブラシがいいのか?

基本的に子供用の歯ブラシ、1歳半くらいまでであれば歯ブラシでなくとも綿棒などで歯の汚れをぬぐってあげるだけでも効果的です。

歯磨きを嫌がらせないコツ

歌を歌いながら楽しい雰囲気で歯ブラシをしてみましょう。
今はYouTubeなどでいろんな歌があるのでお子様が気に入るものを探してみてもいいかもしれませんね。 あと、意外にも歯を磨くことに意識を集中させるあまり知らないうちに強い力で歯茎を指でおしてしまってたり、無意識で痛みを与えてる場合も多いので注意しましょう。

1歳児・2歳児・3歳児が虫歯になったら?

1歳児

基本的に1歳児は歯が生えて間もないのとそこまで食生活が乱れることは少ないのでほとんど見られません。
しかし初期虫歯といって1歳の時点で歯に白い白濁が見られれば今後虫歯になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

2歳児・3歳児

この時期から虫歯のリスクの高いお子様は穴が空くほどの虫歯をつくってきます。
そして基本的には通常のシステムと一緒でトレーニングを開始して、すべてのトレーニング過程を修了すれば削って詰めるなどの処置を行っていきます。

しかしながら、経験上この時期でおとなしく座って、治療ができるお子様はあまり見かけません。
ですので大抵は虫歯の進行止めのお薬を塗り、
治療可能の時期が来るまで待ちます。