mv

根管治療

根管治療について

根管治療

根管治療が必要な症状とは

  • 何もしてなくてもズキズキ痛む
  • 夜に強烈な痛みがある
  • 冷たい、温かい物にしみてその後痛みが残る

歯の神経が残っている場合の
治療方法

麻酔を行い神経をとる治療をおこないます。

歯が痛くなる原因

ばい菌が歯の神経に感染することで引き起こされる炎症、または壊死。

根管治療とは具体的に
どんな治療ですか

炎症を起こしている、または壊死している歯の神経を専門の器具で抜き取ります。

歯の神経が残っている場合の
治療方法

麻酔を行い神経をとる治療をおこないます。

歯の神経が残っていない場合の
治療方法

神経の通り道に詰められた薬をきれいにとって、中をふたたび洗浄しばい菌の消毒を試みます。

きちんと根管治療をしなかった
場合の例

根の先に膿がたまっていき、次第に周りの骨を溶かして最終的には抜歯しなければなりません。

抜歯しなければならないケース

根が縦に割れている場合。
根の先の病巣が大きすぎて歯の周りの骨がなくなってしまっている場合。

  

痛み対する配慮

表面麻酔をしっかり行い、電動麻酔で痛みを限りなくなくします。

根管治療のよくある質問

根管治療のよくある質問

Q1.使用している機器について
教えてください。

A.電動注射器で麻酔をゆっくり入れることにより痛みを限りなく少なくします。

Q2.マイクロスコープの
必要性はなんですか?

A.とにかく見えることです、場合に行っては1mm以下の神経の通り道を探さないといけないときなどは活躍します。

Q3.ラバーダムとはなんですか?

A.虫歯の処置などをするときに歯にゴムのカバーをつけることです。

Q4.ラバーダム利用することによって
どのような効果がありますか?

  • 歯にゴムのカバーをかけることにより唾液が入らずばい菌が処置している歯に入らない
  • 詰め物が良くくっつき詰め物と歯の寿命が延びる
  • 高速で回転しているバーから舌や粘膜を守ってくれる

Q5.感染症の予防など、衛生面で
気をつけている点を教えてください。

A.すべてのバーを滅菌しているので原則無菌のバーを使用しているので安全です。

Q6.他院で治療途中でも
相談・治療は可能ですか?

A.他院での治療途中でも相談可能です。
他院の治療のことでわからないことがありましたら相談のみも可能なのでお気軽にご相談ください。

Q7.歯の神経をとった後に
痛むことがあるのですか?

A.痛むことはあります。
下記のような原因が考えられます。

  1. 神経を取る場合 根の先を刺激するので一時的に歯根膜炎が起こり痛みがでる場合がある
  2. 神経が少し残っている場合 残っている神経が痛みを引き起こす場合がある
  3. 神経が実は壊死してしまっていて根の先で膿がたまっている場合 神経をとった後に痛みがどんどん強くなるケースがある

上記のうち①と②は治療を重ねていけば症状が良くなるケースがほとんどです。
③は根の先で膿が風船のようにパンパンにふくらんでいるのでいち早く膿を出してあげる必要があるので③のような症状がある方は担当医と相談されることをおすすめします。

Q8.根管治療の期間は
どれくらいかかりますか?

A.根の先の炎症進行度合いなどにより治療期間は異なります。平均して2〜4回ですが抜髄(神経をとる治療)を行った際の根管治療と、再根管治療(すでに神経のない歯を再び治療しなおす処置)では治療期間に差があります。後者で長くかかることがほとんどです。当院では治療に入る前におおよそ治療期間をお伝えしています。